2022/12/31

大晦日の修理

年が明けたら車検だ。でも、1箇所だけ直さなくちゃいけないところがある。

FF車では避けて通れないフロントドライブシャフトのアウターブーツ切れ。こいつが切れてると車検は通らない。
ここでも過去何度も登場してる作業だけど、悩ましいのは、ちょっと面倒な純正ブーツに交換するか、簡単な二つ割ブーツに交換するかだ。

大晦日にドライブシャフトを抜いて、なんてことをしてるとご近所から変人に思われそうなので、今回は二つ割でちゃちゃっと済ませることにした。

205に流用できる二つ割ブーツとしては、以前廃番になってるようなことを書いてしまったミヤコ自動車製分割式ブーツ・M-502Gなんだけど、調べたら似たような寸法のブーツが統合されてM-502GTという型名で復活していた。逆に、その時代用したM-537Gは今はこのM-502GTに統合されちゃってて今はない。
そのM-502GTをアマゾンさんに発注したら、年末にもかかわらず見事翌日届いた。すごいなぁ。

今回切れたのは右側。直近では2016年に純正ブーツに交換してるけど、この時は左側だったから正しい順序だ。
タイヤを外して、ドライブシャフトから切れたブーツを撤去して(実はこれが一番大変な作業だったりする)、残ったグリスや飛び散ったグリスをできるだけきれいに拭い取る。
ここまでくればあとは取説に従って新しいブーツを被せていくだけだ。ただ205の場合、スペースが狭いから案外手こずる。

完成。
流用ブーツの場合、交換時にはショックアブソーバの下端がブーツに当たっちゃってるんだけど、これは心配無用。タイヤを取付けてジャッキダウンするとほんの少しだけどちゃんとクリアランスが生まれる。

2022/12/29

ありゃ?減速できないぞ!

お気に入りのあと付装備のひとつ=ワイヤー式オートクルーズコントローラ。高速道路移動が多いからなにしろ楽でホントによく使う。大半のクルマのアクセルが電動になってしまった今、ワイヤー式のクルーズコントローラは希少品だ。

今回も90km/hにセットして高速道路を快適に走行。目的のインターで出口車線に移り、いつものようにオートクルーズをオフ!・・・あれ?減速しないよ???アクセルペダルも踏み込まれた状態だ。以前の『恐怖!暴走プジョー』の時に比べれば加速しないからましだけど、やっぱり焦るよ。

こうなると原因はひとつしかない。クルコンワイヤーの固着だ。
アクセルペダル上部に接続してあるクルコンのワイヤーを、手を突っ込んで揺すってみる。アクセルペダルが戻って無事減速した。

実はこうなることは薄々予想していた。
エンジンルームを這わせているワイヤーの、排気管の熱をモロに受けている部分が以前から錆びてモロけていたのだ。補強したりチューブを被せて保護したり、いろいろ手は打ってたつもりだけど、やっぱりもう限界だった。

いまさら部品なんて入手できないから、似たよなワイヤーを探してみる。オートバイの補修用アクセルワイヤーがいけそう。購入してみた。なんとかなりそうだ。

クルーズコントローラ本体側。取付ボルト部の径が違ったりするけど、まあそのへんはああしたりこうしたりといろいろ工夫して取付ける。

アクセルペダル側。こっちももちろんポン付とはいかないけど、新ワイヤーに付属している曲げパイプがいい感じでガイドになってくれて、旧ワイヤーよりかえって取回しはよくなった。

少し長めのワイヤーなので、今回はエンジンルーム内の取回しもなるべく熱を受けない位置に移動。おそらく、たぶん、きっと当面は大丈夫だと思う。。。

2022/12/18

凍える車内

 引き続きエンジンは絶好調だ。薄気味悪いぐらい調子がいい。
それはさておき、寒い。この季節だから外が寒いのは当たり前なんだけど、そうじゃなくて車内が寒いのだ。外気温がひと桁だと、高速道路を150kmぐらい走っても車内は20℃前後で頭打ち。これじゃ寒くて上着も脱げない。電気自動車ならまだしも、水冷エンジンの車であれば100℃近い温水で暖房するわけだから、全開でほっといたら30〜40℃ぐらいには簡単に上がるもんだ。なのに吹出口からは生ぬるい風しか出てこない。

まず疑うべきは例のあと付けの温度制御機構だけど、こいつは正常に動作している。室温が上がらないから常にヒータ全開状態に制御されている。
そうなるとヒータコアがふん詰まっててクーラントがろくに流れていないんだろう。コア内を洗浄してみようと思う。

エンジンルームに回って、邪魔になるエアフィルタボックスを外してから、ヒータのホースを引っこ抜く。
どうせ固着しててひと筋縄ではいかないだろうと覚悟してたら、あっさりスルッと抜けてくれた。拍子抜け。

ヒータが比較的高い位置にあるから、ホースを抜いてもクーラントもそれほど溢れ出てはこない。せいぜいコップ一杯分ぐらいだろうか。

ヒータ配管の片側にビニールホースを繋ぐ。普通に売ってる散水ホースがピッタリ合う。ホースの反対側は水道の蛇口に繋いである。水道圧で強制洗浄する作戦だ。

念のためヒータ配管の反対側にもテキトーな短いパイプを付けて、変な方向に水が飛ばないように対策。

準備ができたら水道から勢いよく水を注入する。

写真にはないけど、いきなり反対側からまっ茶色の汚い水が出てきた。弱々しい出方だったけど、しばらく流しているとブスブス言ってきれいな水が勢いよく出始まった。やっぱり詰まり気味だった模様。
しばらく通水したあと、ホースを入れ替えて今度は逆方向からも洗浄。

元通り戻して、クーラントを補充して試運転。
エンジンを始動して10分ほど、吹出口からちゃんとあったかい風が出てきた。明らかに効果はあったようだ。
完全に水温が上がるまでは試してないけど、外気温7.5の環境下でとりあえず室温は30℃まで上がったから良しとしよう!

2022/09/10

ボンネット手抜き塗装

2ヶ月ほど前からなぜか突然ボンネットの右前隅のクリア塗装がボロボロ剥がれてきた。クリア剥げなんてのはいわゆる『旧車あるある』なんだろうけど、場所が場所だけにここはやたら目立つぞ。
以前塗装した時はクリア塗装なんてなかったから、6年前の追突からの復活時にクリア塗装仕上げになったんだろう。

そんなわけで毎度おなじみマツダ・クラシックレッドの缶スプレーで塗装することにした(箱買いしてあるからね)。

ボディ塗装、昔はいろいろネットで調べて手順を踏んでやったものだけど、もう最近はいちいち手間はかけない。剥げたらまた塗りゃいいんだもん。
おもむろに荒目のサンドペーパーで表面をざっくり削り落として、最後#800のペーパーで平らにしたらシリコンオフで脱脂していよいよスプレー塗装。見映えに関わるからここだけは丁寧に薄くしつこく何度も重ね塗りしていく。
そして最後の仕上げ塗装。ここだけはスプレー缶をゆっくり動かして垂れないぎりぎりまで一気に厚塗りするのが長年で得たコツ。もちろん、仕上げのクリア塗装なんてのはやらない。また剥げてきたら嫌だからね。塗装はこれでおしまい。

1週間ばかり自然乾燥させてから、コンパウンドで磨き上げる。鏡面仕上げなんてのは目指してない。なんとなく景色が映り込む程度でいいと思ってる。
今回も剥げたクリアの段差が少しだけ残ってるけど、ぱっとなら見わからないぐらいには仕上がった。一応雲や電線が映り込んでるでしょ。

他もあちこちポツポツと剥げてきてるから、追々順次塗り直していきたいと思う。

2022/09/03

オートエアコン化計画・第三弾

 前回取付けたサーボモータ、軸の連結がイマイチで、やっぱり脱落してしまった。
そこでいろいろ改善。
まず、問題となった軸の連結は真鍮製のシャフトカプラを使ってネジでしっかり結合し直した。
また、270°角のサーボモータでは完全に軸を回し切れないことがわかり、300°角のサーボモータを回転角275°で使用することにした。これに伴ってサーボモータ本体も薄型のタイプを見付けたので変更。

で、せっかくコンパクトなサーボモータになったので、プラボックスも取りやめて剥き出しで取付けてみた。ごつい箱が貼り付いてるよりスッキリだよ。

さらに、今回採用したデジタル温度調節計にはもうひとつ温度センサを接続できるので、コンプレッサの吸入配管にも温度センサを取付けて吸入温度を表示できるようにした。これがわかればコンプレッサが液圧縮してないか、冷媒ガスが減ってないか等の見当が付けやすい。

この温度調節計の設定も涼しい夜に少し調整してみた。
いろいろやってみて、今のところ比例帯4%、積分時間100秒、微分時間20秒の設定で±0.5℃ぐらいの精度まで追い込めている。でもまだハンチング現象が残ってるから、もう少し寒くなってからさらに微調整したいと思う。・・・って、たかがカーエアコンで何を目指そうとしてるんだ、俺(笑)。

2022/08/11

オートエアコン化計画・第二弾

 前回セミオートエアコン化・第二弾をやったせいで、やりかけだった『オートエアコン化計画』を進める気分に火がついてしまった。やっぱり単なるコンプレッサのON/OFF制御じゃ物足りない。

このオートエアコン化については、苦労してArduinoのプログラムまで作ったのはいいけど、ダンパ駆動部分で壁に当たったままかれこれ三年近くストップ状態だ。そこで今回、思い切って発想を変えてみることにした。

ヒータのダンパを制御するんだったら、わざわざアクセスしにくい裏側のダンパのワイヤを引いたり戻したりするんじゃなくて、温度調整ダイヤル自体をサーボモータで直接回しちまった方が手っ取り早いんじゃなかろうか?

さらに、Arduinoのプログラムを勉強している中で、サーボモータの回転角度を電圧で自在に制御できることを学んだことから、これまた電圧出力ができる市販の温度調節計で制御してやればより簡単確実に実現できるんじゃないかと考えた。

まずはサーボモータと温度調整ダイヤルのジョイント方法を考えた。
(実験は実車ではなく、予備の空調パネルを使ってます)

ダイヤルの最低温度から最高温度までの回転角は270度。これを最大回転角270度のサーボモータで回してやることになる。

ダイヤルを引き抜くと、奥の方にDカット軸が現れる。

こいつを、軸の太さと同じ内径のプラスチックパイプを使って操作パネル面まで延長してみた。
Dカット軸側は、パイプにプラリペアを流し込んでDカット形状を成型。パネル面側も同様にプラリペアを流し込んで、柔らかいうちにサーボモータのローレット部分を押し込むことでぴったり合うギザギザを成型した。
これでサーボモータの回転で直接Dカット軸を回すことができるぞ。






次は温度調節計。仕事柄デジタル温度調節計なら各社扱ってきてるから、こんなもんすぐに選定できると思ってたけど、いやいや、これがけっこう難航した。なにしろDC12V電源のモノがない。国産はDC24Vばっかりだ。

さんざん探してようやくeBayでアメリカ製の中古品を見付けた。電源DC12〜24V、入力PT1000等、出力0〜10V、PIDオートチューニング付、55ドル。円安で辛いけどこれほどスペックがぴったりのモノは他にないからゲット。

こいつの0〜10Vの比例出力電圧をArduinoに送り、サーボモータを制御する。但し、Arduinoのアナログポートは0〜5Vの入力しか受けられないから、0〜10V出力を10kΩの抵抗2本で1/2に分圧して入力。

バラックで組み立てて実験してみる。
アメリカ産の調節計は当たり前だけど取扱説明書が英語。。。解読から始まって初期設定が終わるまでにものすごく苦労したけど(苦笑)、うん、サーモを冷やしたりあっためたりするとちゃんと思った通りの動きをしてくれてるぞ。成功成功。

ただ、サーボモータがパネル面からかなり出っぱる。。。でもこればっかりはしょうがない。薄いサーボモータってどっかで売ってないかなぁ。

サーボモータ剥き出しなのもカッコ悪いと思い、温度調節計以外の部材(サーボモータ、Arduino nano、その電源用のDC12V→5V変換基板)を、ちょうどよさそうなサイズの透明プラケースを加工して押し込んでみた。うまいことぴったり収まってくれた。

これを空調パネルに組んでみたところ。うん、なかなかいいんじゃない?


動作に問題ないことが確認できたのでいよいよ実車に装着。

プラケースは透明のままでも単体であればメカっぽくてなかなかカッコよかったんだけど、実車ではあまりに目立つので艶消しブラックに塗装。それでもこのボコッと出っ張った小箱はお世辞にもカッコいいものではないな・・・。剥き出しでサーボモータを付けた方がスッキリしててかえってよかったかも。。。

温度調節計の方はおなじみの時計の位置に付けたかったけど、ちょっと大きくて収まらないから、とりあえず小物入れになってる1DINのオーディオスペースに貼り付けた。時計の位置には前回取り付けたコンプレッサのON/OFFサーモをそのまま残してある。

サーボモータの動作に従って冷風が出たり温風が出たりすることを確認。よしよし。
あとは肝心のPID制御の調整が必要なんだけど、この205の弱々エコアンだと今の時期のこの猛暑じゃフルで冷房しても室温がぜんぜん下がってくれないから調整にならない。せっかく完成したのに、本来の機能が確認できるのは涼しくなるまでまでおあずけだよ(苦笑)。

次の計画としては、これから冬に向かうことを考えてこのコンプレッサのON/OFFも自動制御してやろうと考えている。

(温度センサはこの位置だと室温とかけ離れちゃうので、その後ステアリングコラム下に移設してます)